« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

ルームシューズ完成!

Sakura_095_1 今回は靴下カバーとは呼ばずにあえてこう呼ばせてもらいたい!
しかも女の子もくっつけてその名もガーリールームシューズと命名。
だって自分で言うのもなんねんけど、すんごいすんごいカワイイんだってば~ スリスリ
ほんとは足首の周りをぐるっとお花のモチーフでくるんでしまいたかったのだがつねちゃん、ダンナ、Hちゃんの3人に反対されたので左右2個ずつにとどめた次第です ぶひー

めったに穿かないスカートだけどこういうの作ると穿きたくなるさ~
くしゅくしゅっとしたスパッツ(最近はレギンスと言うのかい?)又はストレッチデニムスパッツの上に膝丈ぐらいのキルティングかニットのスカートで決まりかな~
あんまり乙女ちっくなスカートやとちょっと(注1)行き過ぎやね
リネンのシンプルな長めのスカートとか昭和の香り漂うニットのロングスカートっていうのもありやんなぁ~
ちなみに足袋バージョンの方は、私の冬の定番のタイパンツにぴったりでした~!

(注1) 行き過ぎ
        英語でも行き過ぎたコーディネイトなんかを見ると 
too far と表現するんだって~
 

| | コメント (2)

2007年2月26日 (月)

靴下カバー完成!

Sakura_085_1 やったー!
ついに第一作目の細編みだけでできる
靴下カバー足袋バージョンが完成しました!
忘れないように早いうちに2足目に取り掛からねばっ
あ~ 嬉しいなぁ~ ほんとにほんとに嬉しいなぁ~♪なんてったて先シーズンから楽しみにしてたつねちゃんの靴下編み教室だったから。 うるうる

本を見ながら頑張れば似たようなもの作れたのかもしれないんだけどね。大先輩のつねちゃんに伝授してもらったってことに意義があると思うのよ
もっともっといろんな手仕事を教えてもらって、いつか自分が次の世代に伝えられるようになれたらいいなぁと思う
今は自分で調べられないものは無いと言っても大袈裟じゃないほど、本やインターネットで簡単にいろんな情報が手に入るけど、人から人へ受け継がれていくということも無くしたくないと思うのね
漬物作りに梅干作りに山菜の塩漬けに 習っておきたい事は山のようにあるのだ

靴下カバー途中経過は→コチラ
 

| | コメント (3)

プリクラ

New_movie_027_2 先日ネイト&ロルフ達と「小樽雪灯りのみち 」に行き、久~しぶりにプリクラなんぞ撮ってみました

イマドキのプリクラ事情に驚きです!ホントきれいに写るんだねー!
いろんな落書きもできるしさー、美白効果とかいうのもあって3割増しで美人に写ってた~ 笑

日本に来てまだ半年弱の彼らの慣れた操作にこれまたびっくり!
やっぱり興味あることって覚えるの早いのね~
ちなみに彼らがハマってるものは
柴咲コウ、たらこ、ヨサコイ、スノーボード、スキー、ゲーム、などなど
彼らの目にこの日本はどんな風に映ってるんだろうねー
今は春休みの東京行きが待ち遠しいみたい
たしかに二十歳前の彼らには田舎暮らしはちょっと退屈だもんね

| | コメント (1)

2007年2月25日 (日)

ハナレグミ

  1. Sakura_070_1 Hちゃんの車に乗っけてもらった時に聴いたハナレグミの家族の風景つう曲がすごく気に入ったので、来週のロングドライブ用に3枚レンタルしてきた~
  2. 一番手前のサードアルバムのタイトルがおもろい

帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」だよー! こういうの大好き!!

家族の風景、ティップティップ、かえるなどなどどこかで耳にしたことがあるような曲も入ってた(CMかな?)
たぶんこの人が歌ってるんだろうけどジャケットの写真の彼と声のギャップがまたいいんだわ~
メロウな優しい声にまった~りしてしまいます。ドライブ向きじゃない?もしかしてー
ライブがあったら行きたいけどライブハウスじゃない気がするなぁ
買い物帰りにつっかけ履いて行けるような、何気ないちっちゃな所
ぜひそんな場所でライブしてほしいなぁ~ 

つっかけおばちゃんサンダルのこと  

   

   

| | コメント (0)

2007年2月24日 (土)

ゆず酒

Sakura_072_2 株式会社はこだてわいん製造のゆず酒です

去年くらいから柚子ブームだよね~
髪につけるもんにも柚子のやつ宣伝しとったなぁ
いつまで続くかねー
トイレの芳香剤とかも出るんじゃないかと私は読んでるんだけどねっ

これはちょっと甘めなので、食前酒なんかにいいんじゃないかい?
ちなみに原料の柚子は自生北限の宮城産だってさ へぇー

| | コメント (3)

2007年2月23日 (金)

晴読雨読曇読

ウッシーとの日々 (1) ウッシーとの日々 (1)

著者:はた 万次郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

作者のはた万次郎さんと愛犬ウッシーとの毎日が描かれてます
犬好き&移住組にはたまりません!!!
そうそう!あるある!いっしょいっしょ~!!の連続でとても他人とは思えません
あちこちに貸して手元には3巻しかなくなったのでもう一度買い揃えたいくらい!

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

とっぽちゃん

Sakura_060_1 今日から仲間入りしたとっぽちゃんです!
これからよろしくね
早速ですが来週には初の遠乗りです
2人と2匹を乗せてダンナの実家がある日立まで陸走します
がんばろうね~!

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

顔面強打

New_movie_064_1 昨晩ナイターに滑りに行って逆エッジを食らってしまい、顔面を強打してしっかりムチウチになり今日は安静にしています。

鼻が折れた!?と思ったくらいにダイレクトにいっちゃって、左目の下あたりから鼻筋にかけて腫れ上がりますますフラットな顔になってしまったー(とてもお見せ出来ません) 今は友人にもらった冷えピタシートという便利なものを顔に貼り付けてブログ書いてま~す 笑 

この後どんどん色が変わっていって 殴られたような顔になるかと思うとゾッとするよ~、ボーダーの皆さん くれぐれも気をつけて行きましょう!
さ また寝ようっと♪

| | コメント (7)

2007年2月17日 (土)

超かんたん ほろほろクッキー

New_movie_063_3 超かんたん お菓子シリーズ②

・無塩バター 80g  ・粉糖 30g

・アーモンド粉末 50g

・薄力粉 100g

①室温に戻してやわらかく練ったバターに粉糖を入れてよく混ぜる

②アーモンド粉末、薄力粉をドバッと入れて混ぜる(手でにぎにぎするとまとまってくるよ)

③あとは好みの形に整えて(30個ぐらい)160℃で約15分焼くだけ~ 

ねっ かんたんやろっ!?

栗原はるみさんのレシピ本では薄力粉50gとコーンスターチ50gになってたけどコーンスターチは入れたことがない。薄力粉のみで全然大丈夫!冷めたら仕上げに粉糖を茶漉しなどでふりふりすれば完璧!ほろほろっと口の中でくずれるような食感が好き!

私が「ウマッ」と思うお菓子にはアーモンド粉が入ってることが多いみたいなので何は無くてもアーモンド粉だけは常備してる。大体のものはあるもんで代用したり、どうしても必要なら近所のスーパーでも手に入るけどアーモンド粉だけは車で往復1時間半も走んなきゃ手に入らないからね~

超かんたんお菓子①チーズケーキはコチラ

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

靴下カバー 途中経過

New_movie New_movie_044 この冬にしたいことの上位にあった靴下カバー作りがようやく始まりました(内地では春一番が吹いたというのにね~笑)

先生は大家さんのつねちゃん。

つねちゃんは編み物、洋裁、料理はもちろん、山菜採りにガーデニングに農作業、カラオケなどなど、たいがいのことは彼女に聞けば解決すると言うくらい多才なスーパーウーマンなのだ!

つねちゃんお手製のおはぎを食べながら、いろんな話をしてまった~りした時間を過ごしました。

ニットカフェが流行る理由が分かるような気がしたわ

遠い昔女達は男達が狩りに出てる間こんな風にして過ごしてたんじゃないかな

みんなで縫い物をしたり保存食を作ったりしながら、悩み事を相談してみたり、いろんな情報や知恵を分け合っていたんじゃないだろうか

アメリカのキルトも皆で一枚の大作を縫ったりするというしね。きっと女の人の遺伝子にそういうのってちゃんと残ってんだろうな

で 来週の水曜日にもう一度つねちゃんが来てくれて、目減らしと閉じ方を習って出来上がる予定です

内地…本州の事 

+++こんな風に仕上がる予定+++

New_movie_049 New_movie_047

  

             

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

番茶

New_movie_018_2 緑茶もいいけどごはんの後やほっこりしたい時はなんといっても番茶

ところが子供の頃から慣れ親しんでた番茶と世間一般の番茶は違うということを恥ずかしながらこの歳になって初めて知りました

もうずい分前からね、たしかにこっちで飲んでる番茶と実家で飲んでた番茶とは味が違うような気はしつつも、まぁしゃあないか~とあきらめていたが、乙女の金沢にこの加賀棒茶のことが載っていてやっと納得した!

金沢でいうところの番茶は一般的には茎茶と呼ぶらしいわ

うんうん。そういえば葉っぱの部分は入ってなかったよなー

で先日取り寄せた加賀棒茶を入れてみると(しかもこのお茶、昭和天皇に献上されたらしいよ)お湯を注いだ途端、ふわぁ~っと漂う懐かしい香りに思わず「コレコレ!番茶はやっぱこの香りだよー!」と一人で叫んでしまったさー

普段は10時も3時もコーヒーだったんだけど、このお茶が届いてからは3時のおやつは和菓子系&お番茶にハマってます

ほっこりと和んでしまっていっぷくのつもりがついつい長引いて、ストーブの前でトラサクと昼寝(夕寝?)して、気が付いたら暗くなり始めてるってパターンがほとんど。 ははは

 

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日)

徒歩3分

Torasaku_183_2 Torasaku_189_1家から歩いて3分でこんな景色が見られます

ずい分前の話だけど、ある人に「海や川と違って湖は動きが無いから飽きない?」と言われたことがあるが、いえいえ湖だって四季はもちろんのこと、毎日違う表情を見せてくれるんです

今日は細かく波が立ってるけど、たまに湖水がとろ~んとしててのようになる時は思わず見とれてしまいます

これで温泉街で毎週末(夏は毎日!)上げてる花火と、ジェットスキーさえなかったらなぁ… ついでにスノーモービルも。

***おもしろ看板***

Torasaku_193 札幌方面、郵便局、消防署、温泉スタンド…お、おんせんスタンド????

はいその名の通り温泉が100ℓ 50円でガソリンスタンドのようなノズルから出ます

大体家庭のお風呂なら100円分あれば十分です 安っ!

荷台にオレンジ色の大きな大きなタンクを積んで、温泉を運んでるらしき軽トラックを時々見かけます

ウチも一度だけポリタンクを10本分買って、家で温泉を楽しみましたが風呂釜が傷むと聞いて以来使ってません

ちなみに町民は町内の温泉(10箇所以上ある)に銭湯価格の370円で入れまーす!

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

ロックミシン

Torasaku_204_1 近所のトマト農家さんでバイトして貯めたお金で、去年の秋にあこがれのロックミシンを買ったのよ!

週一で通ってる洋裁教室が冬季はお休みなので、ずっと箱に入ったままだったんだけど、先日ついに始動!

フリースをリフォームした時に余った袖2枚を繋いで、ネックウォーマーを作る際に使ってみました。

ニットやフリースの端の始末はもちろん、いつもは折って仕上げてた端の部分が一重になりゴロゴロしないので、洋服作りには欠かせないんだわ

おかげで縫い物の腕まで上がった気分です!!うひゃひゃ

| | コメント (2)

2007年2月 9日 (金)

メンテナンス②

ココロとカラダのメンテ大作戦 まずはたっぷりトラサクと歩いてきた~ 気持ちいい!

いい天気~!とはいかなかったが、それでもかなり効果アリです!

トラサクはあっち行ったりこっち来たりするので、私の4~5倍のエネルギーを消費してるとみえて、家に帰るとひたすら寝てた 笑  

今晩はアフリカ太鼓の練習日

これもココロがパサパサに乾かないようにあげるなんだなぁ

もちろんいちいちそんなこと考えてない。ただ楽しいから行くんだけど、結果的にそういう事になってるなーと思うんだわ

****本日のとらさく****

           Torasaku_166_1          Torasaku_170_2           Torasaku_174_1                                                                            

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

メンテナンス

Torasaku_137_1 Torasaku_135   ***本日のとらさく*** 

さくら  薪ストーブ前を占拠

とら   灯油ストーブ前でいつもの腕組みポーズ

なんか私 ここんとこココロガチガチになってきてる気がするんだよね~

時々なるんだよねー 季節はやっぱり篭りがちになる冬が多いかな

こんな時は早めの対処が必要

方法はいたってシンプルで、ココロと深くリンクしてるカラダを元気にしてあげればいいのです

ココロが悲鳴をあげてる時にココロケアをするのって以外に難しかったりするんだけど、カラダのケアならわりと簡単にできるんだよね あくまでも私の場合だけど

滑りに行く、とらさく散歩にじっくり時間をかけるなど できたら場所は屋外、自然の中がベストだけどプールに泳ぎに行くのだって充分効果あるよー

去年の冬は処置が遅れてしまい大変な想いを経験してるので、今年は今すぐメンテナンス始めようと思います

そういや最近気分が乗らなくてズル散歩ばっかりだったし、運動は週一の太極拳のみだったからなぁ~ 反省

茨木のり子さんの詩 自分の感受性くらい自分で守れ!を実感してます

         

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

リメイク④

Torasaku_107_2 ○ニクロのフリースの袖を切ってボアで包んだだけの簡単ベスト。

ちょっと猟師入ってますがダンナは気に入ったみたいだわ (笑)

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

リメイクⅢ

Torasaku_105_2 今回も毛糸で編み編みしたものを縫い付けるというパターンで、数年前に買った(○スフール・ニッキュッパ也)色気のないベージュのジャンパーの袖口とポケット口をちょこっとカラフルにしてみたら、他に着る服がないから仕方なく着てたのが今ではお気に入りの一着になりました~

ちょこっと編み物ができて、ちょこっと縫い物ができるなら誰でも簡単にできちゃうので、飽きちゃったセーターやカットソーなんかの袖口にくっつけてみたら生まれ変わるよ!

他にもジーンズの後ろポケットとか、スカートの裾なんかもきっとカワイイはず!

さぁ たんすの中で眠ってる洋服達を起こしてあげましょう!

ちなみにこのジャンパーまだ未完成で、ボタンも付け替えようと思ってるので続きはまた後日。

                                 

| | コメント (0)

2007年2月 4日 (日)

休日の晩ごはん

Torasaku_104_3 ★★★本日のめにゅー★★★

冷奴・ポテトサラダ

椎茸と舞茸の網焼き

焼きそば弁当

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

びわこふきん

Torasaku_093_1 洗剤要らずの不思議な綿の布 がこの「びわこふきん」。最近では有元葉子さんの本でも紹介されたりして知ってる方も多いかも

私がびわこふきんを最初に知ったのは こっちに来て間もない頃に招かれたCさんのおうちの台所だから、もう13年前になるー!きゃーっ

でも私が愛用者を通り越してびわこふきんホリックになるまではそれからずい分時間がかかったんだよね~

ママレモン育ちの(?)私は洗剤をスポンジにつけての食器洗いに何の疑問も持ってなかったので、Cさん宅で食器洗いを手伝いながら「なんだかこれって不衛生だわー」と感じた記憶があります。と同時にそれは心の中に小さな種として残っちゃったんだねー

それから数年後、エコグッズの紹介イベントで2度目の出会いをし、ついに購入(なんて言ったらえらい高そうだけど一枚350円くらいです)したのだけど結局使わずじまい。

その後いろんな面で影響を受けたU君が遊びに来て、食器を洗ってくれた時もあたり前のように洗剤を使わないもんだから、帰った後にこっそり洗い直したこともあったよなぁ~ 笑

そんなこんなでCさん家でもらって来た種はあちこちで水をかけられ、長い時間をかけてつい3,4年前に芽を出したというわけです

でもやっぱり最初から洗剤ゼロとはいかず洗い桶に少~し洗剤をたらして洗ったり、石鹸タイプの洗剤使ったりしてたんだけどそのうち全く気にならなくなっちゃった

アクリルたわしも鍋を洗ったりするのに使うけど、油ものを洗った後などはアクリルたわしに油が白く残ってスッキリしないのと、乾きが悪いのがどうも気になるのよねー

その点びわこの方はふきんに付いた汚れも簡単に落ちるし、キュッと絞って干しとけば翌朝にはカラカラに乾いてて衛生的

下ろしたては少し厚みが気になるけど使ってるうちにどんどん馴染んできて、レースのようにボロボロになるまで使って最後はレンジ周りをひと拭きして「お勤めご苦労様でした」と一声かけて退職していただきます

環境の事はもちろんなんだけど、ちゃんと洗い流したつもりでも我々は毎日微量の洗剤を飲み込んでいるという話を何かで読んで、かなり気持ち悪いと思ったんだよねー

ただ1つの欠点は、特に油ものなどはお湯を使わないと落ちにくいという点かな。 まぁこれは食器用洗剤使っても同じだけどね

そういや数年前のボランティアのトム君にふきんの説明したら「サルモネラが、サルモネラが」と不安がってたのがおかしかったなぁ~ 笑

もちろん洗濯洗剤同様どうしても気になる時用に、ちゃんとボトルキープはしてありますよ~

びわこふきんについて詳しく知りたい方はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »