« ひとり湯豆腐 | トップページ | 休日の晩ごはん »

2007年2月 3日 (土)

びわこふきん

Torasaku_093_1 洗剤要らずの不思議な綿の布 がこの「びわこふきん」。最近では有元葉子さんの本でも紹介されたりして知ってる方も多いかも

私がびわこふきんを最初に知ったのは こっちに来て間もない頃に招かれたCさんのおうちの台所だから、もう13年前になるー!きゃーっ

でも私が愛用者を通り越してびわこふきんホリックになるまではそれからずい分時間がかかったんだよね~

ママレモン育ちの(?)私は洗剤をスポンジにつけての食器洗いに何の疑問も持ってなかったので、Cさん宅で食器洗いを手伝いながら「なんだかこれって不衛生だわー」と感じた記憶があります。と同時にそれは心の中に小さな種として残っちゃったんだねー

それから数年後、エコグッズの紹介イベントで2度目の出会いをし、ついに購入(なんて言ったらえらい高そうだけど一枚350円くらいです)したのだけど結局使わずじまい。

その後いろんな面で影響を受けたU君が遊びに来て、食器を洗ってくれた時もあたり前のように洗剤を使わないもんだから、帰った後にこっそり洗い直したこともあったよなぁ~ 笑

そんなこんなでCさん家でもらって来た種はあちこちで水をかけられ、長い時間をかけてつい3,4年前に芽を出したというわけです

でもやっぱり最初から洗剤ゼロとはいかず洗い桶に少~し洗剤をたらして洗ったり、石鹸タイプの洗剤使ったりしてたんだけどそのうち全く気にならなくなっちゃった

アクリルたわしも鍋を洗ったりするのに使うけど、油ものを洗った後などはアクリルたわしに油が白く残ってスッキリしないのと、乾きが悪いのがどうも気になるのよねー

その点びわこの方はふきんに付いた汚れも簡単に落ちるし、キュッと絞って干しとけば翌朝にはカラカラに乾いてて衛生的

下ろしたては少し厚みが気になるけど使ってるうちにどんどん馴染んできて、レースのようにボロボロになるまで使って最後はレンジ周りをひと拭きして「お勤めご苦労様でした」と一声かけて退職していただきます

環境の事はもちろんなんだけど、ちゃんと洗い流したつもりでも我々は毎日微量の洗剤を飲み込んでいるという話を何かで読んで、かなり気持ち悪いと思ったんだよねー

ただ1つの欠点は、特に油ものなどはお湯を使わないと落ちにくいという点かな。 まぁこれは食器用洗剤使っても同じだけどね

そういや数年前のボランティアのトム君にふきんの説明したら「サルモネラが、サルモネラが」と不安がってたのがおかしかったなぁ~ 笑

もちろん洗濯洗剤同様どうしても気になる時用に、ちゃんとボトルキープはしてありますよ~

びわこふきんについて詳しく知りたい方はコチラ

|

« ひとり湯豆腐 | トップページ | 休日の晩ごはん »

使う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188846/5189132

この記事へのトラックバック一覧です: びわこふきん:

« ひとり湯豆腐 | トップページ | 休日の晩ごはん »