« 白鳥怖い… | トップページ | ウグイス嬢 »

2007年4月15日 (日)

TEAM GOGO! 2007

039_2懐かしいHちゃんからの贈り物。

4,5年前に彼女は我が家に2~3ヶ月ほど居候したことがある
本当なら別のお宅に行く予定だったのが何かの事情で駄目になりうちにオファーが来た 
きっとこういうのを縁があったんだと言うんだろうね
ご両親がとても面白い人たちのようで、彼女を含めて3人の子供たちは全員学校に行ったことがないという話の他にも、当時19歳だった彼女には本当にたくさん刺激を受けたなぁ
今回もまた、四国に住む彼女からのメッセージはぼけぼけの私を突っついてくれた。

   TEAM GOGO!2007
       みんなでちょっと
動けば変わる。

と大きくかかれたチラシが10枚ほど。
言い出しっぺのてんつくマンさんが(元吉本で山崎邦生さんとコンビを組んでたらしい)
地球温暖化や青森の六ヶ所村問題などの目を背けたくなるような現実を知り、この現実を一人でも多くの人に伝えよう。
知れば感じる、感じたら動く、動けば変わる!
一人でも多くの人が動き出すきっかけになりますように!と今年の6月22日の夏至の日に日本の世帯数相当の4900万部の号外を配ろう!というプロジェクトのお手伝いをしてくださいという内容。

号外の主な内容は

1 地球温暖化、エネルギー、食、森林問題、戦争などの
    「かなり不都合な現実」と原因を伝える

2 「みんなでちょっと動けば変わる」ライフスタイルの提案
  例えば、日本の全世帯がたった一個だけ今使ってる電球を省エネの電球
(8分の1
    の
消費量)に変えると92万台の車が路上から消えるぐらいCO2の削減になる

3 「動いたら変わった」というワクワクする素敵な話。 
  省エネのために電気を消してローソクの明かりでお店を営業したら売り上げが上がったなど。

4 呼びかけ人の希望のメッセージ


呼びかけ協力者には坂本龍一さんや川田龍平さん(薬害エイズ訴訟原告)、辻信一さん(ハチドリのひとしずく著者、)、山田パウさん(阪神大震災ボランティアリーダー)、五日市剛さん(ツキを呼ぶ魔法の言葉著者)、風旅人まーちゃん(NGO風人ネットワーク代表)、ミネハハさん、高木善之さん(ネットワーク地球村代表)などなど、日頃から気になる存在だった方々の名前がずらっと並んでた。

もう一つは「クマともりと人」という小冊子。

兵庫県の公立中学校で理科教師をしていた女性が、一人の生徒が持ってきたある新聞記事をきっかけに当時の教え子たちとともに実践自然保護団体日本熊森協会を立ち上げ、奥山生態系保全、復元に取り組んでるという内容。
中学生の子供たちにぐいぐい引っ張られるようにして進んでいくのがすごい
まずは知るってことがどれだけ大切か改めて考えさせられたし
ピュアな子供たちがその事を知った後の行動力も見習いたいぐらい
スギやヒノキだけの人工林がいくらあっても自然林を残さなければ野生動物は生きていけないのだそうだ

森を残し全生物と共存しなければ人間も生き残れない
                                                                     (現代生物学が出した結論)

と締めくくられていました。

そして今年8月からフル回転を始める六ヶ所村の再処理場のことが書かれたレインボーの葉書の裏の、懐かしい字で綴られたHちゃんの想いを読んで、小生も何かできることお手伝いさせてもらおうと思ったのであります。
Hちゃんありがとうね~


TEAM GOGO!2007を詳しく知りたい方はこちらのHPで。
http://www.teamgogo.net

六ヶ所村情報や映画六ヶ所村ラプソディーについての情報はこちら。
http://www.jca.apc.org/mihama/topframe.html
http://postcard6.seesaa.net/

日本熊森協会
http://homepage2.nifty.com/kumamori/

2007年6月22日にはこんなプロジェクトもあるそうです
100万人のキャンドルナイト
http://www.candle-night.org/index.html

       

|

« 白鳥怖い… | トップページ | ウグイス嬢 »

思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白鳥怖い… | トップページ | ウグイス嬢 »