« 昼寝 | トップページ | テンション上げていこっ! »

2007年9月10日 (月)

生きる

昨晩、黒沢明監督の有名な映画「生きる」がテレビドラマになって放送された
観た人いるかしら?
役所に勤めて30年、ミイラとあだ名を付けられるほどこれといった仕事もしてこなかった市民課長が、癌で残り少ない余命を宣告されてやっと生きる意味を見いだすと言う物語。
随所に政治家や公務員を批判する台詞が入ってた
「一時間で出来る仕事を一日かけてやるお役所とは違うんです」
「この世界では何もしないことが出世への近道なのだ」
などなど、思わずそうそう!と口に出ちゃったよ~

つい先日も新聞に「独身手当」という本の見出しを見つけて
何じゃ?と思い見てみると公務員のあきれた手当の数々が…
こちらはあきれるを通り越して笑っちゃったけどねー

独身手当―給与明細でわかるトンデモ「公務員」の実態 Book 独身手当―給与明細でわかるトンデモ「公務員」の実態

著者:若林 亜紀
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


<公務員のトンデモ手当の例>
「独身手当」...独身生活が長いともらえます。
「管理職以外手当」...出世できないともらえます。
「勤務成績不良手当」...勤務成績が悪いともらえます。
ねっ すごいっしょ~?!

それにしても年金問題やら、政治家とカネ問題やらで賑わってるこの時期にこの放送
どう考えても意図があるよね~

ここんとこ個人的にはネガティブな事がぐるぐると廻ってるあんまり良くない状態なので
ついついね どうしても辛口になってしまいます。
今晩はデトックスに温泉でも行ってゆっくり半身浴してこよう

|

« 昼寝 | トップページ | テンション上げていこっ! »

観る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼寝 | トップページ | テンション上げていこっ! »