« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

腰痛は怒りである

腰痛は<怒り>である 普及版 Book 腰痛は<怒り>である 普及版

著者:長谷川 淳史
販売元:春秋社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

友人に腰痛のことを話したら、「怒りと腰痛って関係あるみたいよ」と言われすぐにネット検索してみつけた本。
最寄の図書館にもあったので早速借りてきた

この腰痛に関する常識を根底から覆す治療理論を発表したのはジョン・E・サーノさんというお医者さんだそうで、彼は医学的にみた腰痛の矛盾点から痛みが骨や軟骨から生じているのではなく筋肉に生じていることに注目。
そして患者たちの多くが心身症(心理的緊張によって生じる病態)を経験していることがわかり、痛みの原因が心の緊張と関係があるのではないかと考えたそうです。
現代人はたくさんのストレスがあるはずで、そのなかでも我々は「怒り」という感情を忌み嫌い、抑制するように子供のころから教育されてきている
無意識レベルではその見たくない感情、心の痛みを味わうよりも、身体の痛みを味わうほうがマシだと判断し、本人の注意を身体に引きつけておくために腰痛を作り上げているいうことだそうだ。

無意識下に抑圧された怒りは次の3つに大別できます

①日常生活におけるプレッシャーにおける怒り
②幼少時に受けたトラウマによる怒り
③欲求を満たすために自ら課したプレッシャーによる怒り

③は完全主義、善良主義の「タイプT性格」に属する人たちが内的葛藤を引き起こし、気づかないうちに激しい怒りを生み出してしまうのだそうです。

タイプTの6つの根本的欲求

・完璧でありたい
・人に好かれたい
・見捨てられたくない
・満足したい
・丈夫な身体でいたい
・死にたくない

結局は自分の内面をよく見ろということですね
臭いものにふたをしたところで無くなるわけではないと。
凸ができればどこかが凹になっているってことだね
ちなみに私はタイプTの6つの欲求かなりあてはまりました
最近の私のキーワードの「固定観念」というものについても考えさせられました

原因のはっきりしない腰痛で悩んでる方にはおすすめの一冊です
治療方法についてはぜひ本を読んでみてください

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

女子部?婦人部?

先日友人のyちゃんと我が家でお昼ご飯食べた時に
yちゃんが持ってきてくれた黒糖蒸しパンがすんごくおいしかったので
「今度作り方教えてね」というと彼女は

「私はお裁縫教えてほしいな」

「いいねー 技術シェア!楽しそだね
何人かで交代交代で得意なこと教えあう会やろうよ」

「それって婦人部じゃない?いいねーやろうやろう!」

今ある婦人部は見た感じでは平均年齢55~60歳くらいなので
ちょーっとギャップがおっきいのよね
まぁ最初は友人3~4人で始めて少しずつ増えていくのが理想かな♪
抜群の行動力のyちゃんのことだから実現しそうだなぁ
もう一人20代独身体育会系のNちゃんも来月から
「アクティ部」を始めるし女子のネットワーク広がっていきそうな気配です。
ちなみにアクティ部も毎回交代でメンバーのやりたいことをやるそうです
例えば今週はみんなでウォーキングをしよう!とか、
今日はマッサージごっこをしようとか、体に関することなら何でもあり。
ね、なかなか楽しそうじゃない?

| | コメント (0)

2008年2月21日 (木)

なぜ? (続き)

昨日の続きなんですが、そのスピリチュアル系の人たちがよく口にする
「メッセージ」まぁ日本語だで言うなら「お告げ」かな?
で、今やるべきことや方向を教えてくれるらしいんです。
それについてもやっぱりうらやましいいなぁと思う半面、やっぱりどこか腑に落ちない部分があったんだよね。
「生きてる」ってことは悩んだり考えたりすることやとM系の私は思うんだよね
夢や瞑想で3次元じゃないところと繋がってメッセージをもらってそれに従うというのは
私が思うところの「生きる」となんかずいぶん違う気がするんだよね
生きてる私達の自由意志はいったいどこへ?って感じかな
そんなにしょっちゅうしょっちゅうお告げが来て「次はコレ、はいこっちの道行きなさい」
っていうのもどうなんやろなぁー むむむむむ
操り人形じゃあるまいし…
もちろん無いとは思ってないんだよ 私もね
本当に必要な時には何らかの形で導びかれると思うから
やっぱりこれもその人にとって必要か必要でないかってことなんだろうかね?
また今日も結論は出ず
いや出るほうがおかしいよな やっぱり。

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

なぜ?

ちょっと驚くような話なんですが
ここ最近私の周りでは「前世」「過去世」なるものを思い出し始めてる人達が増えてきてます
しかも現在の友人や縁ある人たちとの「過去世での繋がりや約束」までも思い出しているようです
私も「魂は輪廻する」とフツーに思っているし、前世で縁があった人たちとまた現世でも深いつながりがあると考えてる一人なのですが、残念ながら全く思い出しません。
前世を思い出したという人たちは
「それが目的ではないのよ、それによって何を目的として現世に生まれてきたのかを思い出すことが大事なのよ」というのです。
それならばどうして思い出す人と思い出せない人がおるんやろ?というのが素朴な疑問。
周りにいる人たちとの過去世での約束や関わりを思い出すことによって
現世でのその繋がりはもっと強固なものになるよね。
例えば過去世でも旦那とは深い繋がりがあって「お互いに勉強しあうために今世は夫婦になろう」とかいう約束をしてきたことなんかを思い出せたとしたら、現世で喧嘩したとしてもすぐにお互いを許しあえそうじゃない?
友人との関係だって壊れたりすることなく毎日がキラキラ輝いてる状態になりそうじゃない?
そしたら争いもなくなりこの世はユートピアのようにならないの?なんてね
でも実際は思い出さない人のほうが大多数なわけでさ。
あ、でも過去世で恋愛関係にあった人とかいうのを思い出したが故に現世でもそれに振り回されちゃったっていう話もちらっと聞こえてきたりしたから一概にもメリットばかりではないのかな?過去世での感情に今振りまわされるなんてまっぴらごめんだよー
現世でさえもいっぱいいっぱいやっちゅうのに!
うーん あんまり頭の中整理できてないからうまく言えないんだけどね
思い出す人と思い出さない人の違いはなんなんだろうなぁと。
それってただ「必要があるかないか」なのかしらね
その思い出した人たちの「わかっちゃったのよ話」を聞いてると
なんか違うなんか違うってムズムズしてくるのだ
最初は自分がそういうスピリチュアルな人間ではないから、やっかんでいるのだと思っていたんだけど、それだけでもなさそうな気がするんだが何に違和感を感じてるのかよくわかんなかった。
たった今、田口ランディさんのブログ読むまではね
あまりにも今私が感じてることと似ていたので思わずブルッとなったほどです
スピリチュアルという言葉に違和感がある人はブログ読んでみるといいかも。

あー風邪がなかなか抜けませ~ん
うまく経過させたつもりだったけど、どうも治りがけにもう一度ひいたような感じです
まぁ体が必要としているんだろうからもうしばらく耐えるしかないかー

| | コメント (2)

2008年2月14日 (木)

観たい!!!

中国各地の少数民族の伝統の歌や踊りなどを集めたステージだそうです
近かったら絶対行きたいのにー!!!
ちょこっとさわりだけTVで観たけど鳥肌が立ちそうだったもん
東京にお住まいの方はぜひお見逃しのないようにね~
いつか札幌に来てくれますように。
ヤン・リーピンのシャングリラ

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

さくら

さくら Book さくら

著者:西 加奈子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もう読みました?
あったかくて切なくて力強い愛のお話です。
ラスト3分の一は昨晩布団に入ってから手が冷たくなるのも忘れて
一気に読みました、号泣しながら。

この本金沢の高校時代のたった一人の友人(なんせ1年の一学期しか通ってないので ははは)のUtaちゃんが手作りの桜餅の形をした携帯クリーナーとルックチョコバナナと一緒に送ってくれたの、絶対私も好きなはずだからって。
思えば赤川次郎に始まって村上春樹、よしもとばなな、群れよう子、田口ランディに西加奈子。
ぜーんぶぜーんぶutaちゃんが教えてくれたんだよなぁ~

utaちゃん家は金沢ロケといったら9割近くはそこに行くだろうというくらいの
人気の場所にあるので絶対そこで「utaカフェ」を開くようにと薦めてるのですが
なかなかウンといってくれません。
っつかおばちゃんが[100歳まで好きにはさせぬ]と頑張ってるらしい…むー
まずはおばちゃんの説得に行かんなんけ?
いつかutaちゃんがその気になったらそん時は家族総出でリフォームの手伝いに行くからねー!

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

靴下カバー編み方

リクエストいただいた靴下カバーの編み方をどうにかこうにか書いてみましたので載せてみるとします
2008_02100004_2 

2008_02100012 2008_02100009

2008_02100010

結構頑張ったんですがお粗末な作り方でごめんなさい
少しは参考になるといいのですが…
あとは途中経過の写真なんかも参考にしてくださいましー

足袋バージョンができれば指なしバージョンはもっと簡単です!

東京も大阪も雪が降ったようですね
手作り靴下カバーと手作り玄米カイロでウォームビズしましょっ

| | コメント (4)

2008年2月 9日 (土)

昨日の続きをちょっと

昨日の日記に書いた作用反作用って話なんだけどね
今年の春にちょっと大きなピース・イベントを計画中のYちゃん
出演者に宛てる依頼書やら何やらを作成しようと思ってた矢先にPCが壊れたといっていた
知り合いに診てもらったようだが、どうやら生き返りそうにないらしいわ
面白いよねー 作用反作用は同じ力のはずだから
想いが強い分だけ戻ってくる力も強いってことね
マーフィーの法則なんかもそれと同じことだよね
たぶんイベント開催までもっともっといろんな問題に出くわすやろうけど
負けずに頑張れー

さ、風邪もいよいよ終盤にさしかかり、今日一日養生したらばっちりだな!

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

聖なる予言、風邪の効用

久々に風邪をひいてダウンしています。
一昨昨日から前兆があったのでこりゃやばいなと思ってたっけ案の定きました。
昨日はSちゃんに単発のバイトを頼まれてたのでどうにか行ってきた
普通なら風邪で調子が悪いので休みまーすと言えるのだが
なんせ単発のバイトを受けといてやっぱり行けませんじゃ申し訳ないので
友人からもらったパイロゲン飲んで頑張ってきましたぜ
もうひとつどうしてもバイトに行きたかった理由は、Sちゃんと会うのが本当に久しぶりだったことと電話をもらった時のタイミングになにかピンとくるものがあったからなのだ
なんかうまく説明できないけど昨日は絶対行った方がいいんじゃないかって感じてたんだよね
不思議なもので作用反作用の関係で、何かやろうとする時ってそれを阻止するかのような出来事が必ず起こるものみたい。
それが今回は風邪やったみたいね。
昨日は私の相方にHちゃんが来てた。
聞くところによると数人のキャンセルが出て、回りまわってHちゃんになったみたい
もし私が風邪で休んだかHちゃんの前の人がキャンセルしてなかったら
この取り合わせではなかったんだなーと思うとつくづく不思議なめぐり合わせやなーと。

中国人やシンガポール人、香港人などがお客さんのちょっとした屋台のようなものの手伝いで、それはそれで結構楽しかったしそれだけでも来てよかったなぁと思っていたんだけどね
夕方そろそろ帰り支度というころになってなぜかHちゃんと不思議ワールドについて話し始めちゃってその中に「あ、このために今日はどうしてもここに来たかったんだなー私。」っていうくらいビンゴな内容があった。

なんでも偶然と思ってしまえばそれまでで別になんの問題もないんやけど
それだと世界は「のっぺり」したような感じになるんだよね
でもここしばらくはそういう「目に見えない力」のことがどーもウザく感じてしようがなくて避けてたんだけどねー
やっぱり一つ一つの出来事に意味やサインを感じられたほうが生活が楽しいみたい。
まぁバランスよくいろんなことを受け入れられる体質にしといたほうがきっと物事がスムーズに行くような気がするんだわ
みんなが今そういうことに気づき始めてるらしいでっせ~
無駄に否定したりしないほうが自然なのかもね

で風邪の方は少し熱も出てきたようで順調に経過中みたいです。
今おかゆさん食べたのでまた横になろうかなー
風邪の効用(野口晴哉著)によると動いてたほうがいいみたいなんだけど
さすがにそこまでつわものじゃないので…笑
風邪はカラダが必要だからひくのであって無理に風邪の症状を抑えるようなことをしてはいけない、うまく経過させることが大事なのだという野口先生の考えには何の疑いも無いので薬らしきものは梅醤番茶くらい。
そうそう上手に風邪をひくとデトックス効果もあって美人度がアップするらしいですよ

今寝ながら読んでる本

聖なる予言 聖なる予言

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

風邪についての考え方、目から鱗の一冊

風邪の効用 (ちくま文庫) 風邪の効用 (ちくま文庫)

著者:野口 晴哉
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (4)

2008年2月 4日 (月)

初参加

2008_01030008 昭和新山国際雪合戦の雪だま。

2008_01030002_2  作り方。

2008_01030071 いざ出陣!





…結果は聞かないでやってください…
 

 

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

ビンゴ!

超ウケた!
スジャータ洋子最高!

1から7まで一気に観たくなるよん

http://www.youtube.com/v/p8doJzgv2C4&rel=1 

こっちもオススメ!
娘の夜泣きでお疲れ系のあなたに贈ります。

http://jp.youtube.com/watch?v=7DC862pNyBQ&feature=related

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »