« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月28日 (金)

端っこ

4日間ほどお隣の農家さんのハウスにレタスの植え付けに行ってきた。

ハウスにびっちり植え込むんだけど、毎年出入り口ぎりぎりに植えた苗は出荷できるサイズにならないの。
風が当たるし温度も低いだろうから当然といえば当然。
だったら端っこの列には植えないで2列目からにすりゃいいのになぁと思っていたんだけど
この子達がいなかったら結果的に次の列の子達がいちばん端っこということになって、その子達もまたやっぱり大きくなれない ただそれだけのことやて気がついた。
出荷されないことが最初から分かっていても、彼らにはそこで2列目以降のレタスたちを風から守るという大きな役割があったのだ!!と気づいて感動してしまった(笑)
「ちりとてちん」で順ちゃんが言ってたように
「舞台の真ん中でスポットライト浴びてるもんだけが主役やないねんで」や
先日書いた田口壮さんの
レギュラーのひとつ下のポジションから、「おまえらちゃんとせんっかったら俺がレギュラーもらうぞ!」と脅しをかけるんが自分の役割なんです  
とがピターッと一致して ひとりで「すごいことに気が付いた!!」気になってちょっと嬉しかった

糸井さんも「窓際族には窓際族としての役割がちゃんとあるのだ」と言ってたが、その意味がよくわかった。
ともすれば仕事のできないものはリストラに肩たたきの今のこの世の中だけど
いっぺんこんなことも少し考えてみたらいいかもしれんね。
できない奴がいるからこそ、できる奴が存在するっつうことをできる奴はどこかでちゃんと覚えておかんと傲慢極まりない人間になってしまう
そんな考えてみりゃ当たり前のことが人間調子が良いときには浮かばんもんやね
ホントは調子が良い時にこそ思い出すべきことねんけどね~

明後日3年ぶりのお客人を迎えるので、ちょっと家ん中や家の周りを小奇麗にしとかんなんげんけど相変わらずエンジンかからんなぁ~
雪解けのこの季節は外が一番汚い季節でもあるもんなぁー
今まで雪ノ下になって隠れてた諸々が「いや~ん、やめて~」と叫びながら世間の目にさらされる季節。
たぶんまた当日の朝から大慌てでやるんやろうな アタシのこったから。

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

ネットで署名

最近よく見かけるネットでの署名運動。
友人からのメールやのブログなんかにも時々あるけれど
どうもピンとこないんだなぁ~
それはただ単に私が古い時代の人間だからなのかもしれないけど
一言で言えば

「安易すぎるんじゃないかい?」

何もやらないよりはもちろん良いんだろうけど
「お願いします!○○○のために署名お願いしまーす!」と
寒空の下(もう春うららだけどsweat01)街角に立って頑張って声を出して
大勢の人に無視されながら、一つ一つ集めた署名とは重みが違う気がする
自分の名前を「書く」という行為も、ペンを握って一字一字紙に書くのと
キーボードをカチャカチャカチャッと打つのとでは気の入り方が違うと思う
もちろんネット署名の利点はいっぱいあるし否定はしないけど
時には指先だけじゃなくてからだ全部を使って何かを伝えるということもやっとかないと
どんどんバランスが崩れてしまうような気がして怖いなぁ

と言いつつ私もこうやってネットでこんなこと書いてんだもんね 説得力ないね

200年以降エネルギーの流れが変わって、「耐える」「根性」なんていうものはもはや化石となり、「癒し」に代表されるようにもっと気持ちよく、自分の好きなことをやれば良い時代なのよと聞いたことがあるけれど、昭和に育った私にはなんとなくむず痒いのだ

などと書いてたらたった今、高知に住む友人から[たくさんの人に読んでもらいたい]というメッセージを添えた「くまともりと人と」が3冊届いた。

想いを伝えるのにはいろんな形があっていいのだ となんとなく気づかされた気がした
だめだね~ 私の頭どんどん固くなってるわsweat01

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

昨日とうって変わっていい朝だ!

昨日ちょっとしたことで友人と口論になった
お互いに我を通そうとして、話はどんどんもつれた
で、ちょっと冷静に考えようということでいったん電話を切った
が、冷静になるどころか胸はムカムカ、相手の嫌な面ばかりが見えて気分はどんどん悪くなる一方
両方白紙に戻して日を改めようという、かなり投げやりな結論を出してとりあえず寝たんだ
今朝起きてもう一度なんの為にそれが必要なのかを考え直したら
別にこっちでもあっちでもまぁいいか~という気になれたのよ
でその程度のこだわりなら向こうの希望に合わせたっていいやんと思い直せた。
しかも相手は私の一回り以上年上だ。
歳を重ねるごとに年々融通がきかなくなる自分のことを振り返ればわかるように、向こうはもっともっと固くなってて当然だ。
そう思ったら私が折れる方が簡単なはずやし、それが平和な解決策やと素直に思えたんだ。
もちろん話によっては譲れないことだってあるかもしれんけど
そんなにそんなに絶対こうじゃないとだめ!なんていう深刻な事って実はそうそうないんだよね。
それならお互いに我を通すためにエネルギーの奪い合いのような無駄な時間を過ごすより
相手に従う(この言い方がもう既に違ってるような気がするけど)方がよっぽど精神衛生上良いと断言できる。
で、今朝友人に電話して「○○さんの言うようにそっちでいいよ」と伝えたら
彼女もまた私の気持ちを考えていてくれてもう一つ別の提案をしてくれた。
きっと私と同じように我を通すだけではない解決策を考えててくれたんだなぁ
しかもそれがすごく良いアイディアでそこからあれもこれもとどんどん話がスムーズに進んで、当初それぞれが提案していた内容をはるかに超えたものになったの。
昨日の我の張り合いのままだったらと考えたらゾッとしたわ。
今頃は悶々と彼女の悪い部分や認めたくない部分をほじくって、
あらゆるテクニックを駆使してこれは悪口じゃないのよと見せかけて(笑)
同じ波動に同調してくれそうな友人(ここがミソ。人間ってちゃーんとそん時に同調してくれる人をかぎ分けることができるんだよね)にねちねちと陰口を叩いていたかもしれないと想像しただけでゾゾゾーッとしてしまうわ~(笑)
この間も書いたように議論になってヒートアップしちゃった時は、
本来の方向性を見失ってないかどうかちょっと時間をあけていっぺん客観的に見直してみると意外になぁ~んだどっちでもいいやん!?てこと多いんじゃないやろか?
そしたら思い切って手放して、相手の主張を受け入れてみよう!
途端に今まで流れてたマイナスのエネルギーがプラスに変わるから!!
そして全然違うところから解決策がふわっと降りてくる。
これってきっと宇宙の法則のようなもんじゃないかとさえ思います
一度体験すると次も簡単にできるような気がするから不思議
試してみてね~
私は今度夫婦喧嘩のときに試してみようと思います ははははは

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

破壊

2008_0311mudai0008 先日来客が玄関の呼び鈴を鳴らしたとたんにトラが玄関に向かって猛突進。手前の居間と廊下の間の扉にジャンプして体当たり。見事に扉が外れて向こう側に

ばった~~~~~ん!

と倒れ、きれいに下の2枚の板が落ちました…
どうやってもはまらなくて仕方が無いのでだんなが帰ってくるまでは布をかけてしのぎましたがスースーしてとっても寒かったsweat02


| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

春?

2008_0311mudai0017_2 洋裁の先生でもあり、太極拳の先輩でもあるIさんが私の太極拳3級合格祝いに作ってくれたイチゴタルトheart
イチゴたっぷり1パック分は乗ってるんじゃないだろうか?
クッキー地にカスタードのフィリングにたっぷりのイチゴ。幸せの味です~~~ ありがとうございました!!
お隣の豊浦町はイチゴ栽培が盛んで、こんな季節でもハウスの中でストーブ焚いて作ってるそうです。
それっていかがなもんかなと思いますが、いざこの真っ赤なイチゴを目の前にするとやっぱり嬉しいかも~
誘惑には勝てないんだなぁ~sweat01
イチゴを見ると条件反射のように春だなぁと思いますが、ホントは北海道の露地物のイチゴの旬は初夏なのです
6月の終わりから7月いっぱいくらい。
いろんな作物がどんどん出回る季節が前倒しに早くなってきてる気がします
20年30年前とでは旬の時期も違ってきてるんだろうね
科学的な栄養素なんかは変わらないものが作れるのかもしれないけど
すごーく大切な何かが欠けてるような気がするのは考えすぎなんだろか

| | コメント (3)

2008年3月 7日 (金)

日課

毎日チェックするホームページってありますか?
私は「ほぼ日刊イトイ新聞」を「ほぼ毎日」(笑)読んでいます
たくさんコーナーがあるので大体いつもは糸井さんのエッセーと愛犬ブイちゃんの写真だけなんですが、時々エッセーの最後にある糸井さんの誘導につられてその他のコーナーを読んだりしてます。
今も糸井さんの甘い誘惑にふらふらと立ち寄ってみました。
元オリックスで現在大リーグで活躍中の田口壮さんと糸井重里さんとの対談なんですが、読み応えありますよー
全般的に野球の話なんだけど、野球に全然関心のない人でも興味深い内容です
彼は「4番目の外野手」といわれてるらしいんですが、その位置から「おまえら、手を抜いたらオレがレギュラーとるぞ」と上にプレッシャーを与える立場でいることが、チームを勝たせるための自分の役割なんだと言う田口さん。めっちゃかっこいいですー!
以前読んだグレートサムシングにも、それを身体の一つ一つの臓器や細胞に例えた話があったのね。
臓器の一つ一つ、細胞の一つ一つはそれぞれに個々として運動していながらも、身体を生かすという共通の大きな目的の為に動いている というような内容だったと思うんだけどわかるかな?
細胞は身体の為に、田口さんはチームの為に。
各々の役割をちゃんと知ってるのね
しかも決して我慢や自分を押し殺したりしてるわけじゃないところがまたすごい!
それぞれを形成する一つのパーツとして、家族の中での役割、地域社会の中での役割、日本人の一人としての役割、地球人の一人としての役割を、何か決断しなくちゃならないときや、意見が合わないときに皆で思い出してみると自然と進むべき方向がわかる気がします。
自分がやろうとしていることが進むべき大きな流れに逆らってはいないかどうかを見極めることは、口で言うほど簡単ではないけどねー
特に私のように自我の強い人間にとっては。
個々でありながらも全体の一部であるという感覚を常に持ち、自分のポジションを客観的に見れる田口さんはすごいなぁ~というのが私の感想。
まだ対談の内容は3分の1くらいしかUPされてないので、この後の内容もすごく楽しみです。

太極拳3級合格しました!

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

合否

今日はまだでした。
ってことは木曜日かぁ
どっちでもいいから(いやよくない!!)早く知りたい~~~~~punch

オマケ 廊下のトラ他
2008_03030006_3






2008_03030005_2









2008_03030004_2








| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

緊張と解放

2008_03020030_2 昨日は札幌で検定試験を受けてきました
同じサークルの先輩二人は1級、私は3級
午前中はそれぞれ級別に分かれて検定前講習を受け、午後は5級から順番に体育館の隅に卓球台を並べてついたてにした向こう側で、5名づつが検定を受けるんだが待ってる時間の胃の痛いことといったら!
全道から集まってくる約100名の人たちに混じってというシチュエーションは地元で受けた4級、5級のときの何倍も緊張したー!しかも先生の先生みたいな人が検定員だし~sweat01
upwardright写真は順番待ちをしているkさんがたまらず壁の向こうを覗いてるところhappy02
その気持ちよ~く分かります~

こんだけ緊張して無事?検定が終わったときのあの解放感!たまりません
細胞が活性化する感じというのかな
何かを思い出そうとして「なんやったっけ?ほらほらあのあれ!」と
しばらくのたうちまわってやっと「思い出したっ!○○○や!flair
っていうときのス~ッとした感じに似てるってことは、きっとこの緊張&解放セットもやっぱり若返り物質が出てるはず!と確信しています
だらだら緊張感の無い毎日を過ごしているので、たまにこうやって緊張する場面を作ってやらないと緩みっぱなしになりそうだしね~ ははは

ちなみに合否は明日の練習のときに教えてもらえるようです。
きゃーっ またまた緊張の一瞬だー

オマケ  「ちゃぶ台の下のさくら」
2008_03020005











カワイすぎ~っheart01

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

ちりとて

2008_03010005 パソコンの背景を徒然亭にしましたgood

もうすぐ終わっちゃいますねー

mixiのコミュも9000人超。 

確か2ヶ月ほど前には、三千なんぼやったので約3倍に増えてる~ 
すげー! 

スペシャルがあるとかないとかで盛り上がってましたが、今のところはその予定はないそうでがっかり…

あと残り一ヶ月どんな小さなことも見逃さないよう、一日2回のスタンスは守り続ける所存であります!

スタジオパークで4兄弟がそろいで着てたひぐらしTシャツ

底抜けにイケてまんがなぁ~!

NHKさ~~~ん ぜひぜひ商品化してくださ~~~~~い!!!

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »