読む

2010年12月28日 (火)

今頃ですが…

2010_12082010120007

先日K先生のおうちにお邪魔した時に借りて来た、本とCD。

1Q84 ようやく昨晩から布団の中で読みはじめ、まだたったの25ページというのにすでにハマった感あり。

さすが村上さんすごいわー!!!

できることなら一日中読みふけっていたいけど、一応これでも主婦なので年末のこの時期そうもいかず、今日は買い出し&年賀書きです。ファイト!

1Q184も寺井尚子さんのCDも正月にゆっくり楽しもう♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ

| | コメント (2)

2009年3月30日 (月)

縫物のお師匠さん

2009_03310001森南海子さんを知ったきっかけは忘れてしまったが、今ではすっかり私の縫物のお師匠さんです。もちろん勝手にそう呼ばせてもらってます(笑)

この本はなんと昭和38年に発行されたものなんですが、半世紀近く経った今でも全然色あせずに十分に通用するアイディア満載…というか今だからこそより新鮮に輝いて見えるのかもしれない。

衣類にリフォームという言葉を使った最初の方だとも何かの本に書いてありました。それ以前は「更生」という言葉を使っていたようです。

何より師匠の縫物に対する向き合い方が大好き。

リメイクやリフォームに興味のある方には、森南海子さんの本はとても参考になるはず!

特に同じ針を持つ者として「千人針」は読んで欲しい一冊です。

戦地に向かう男たちの無事を祈って針を刺した女達の心の内を、ぜひ多くの針を持つ方達に知ってほしいなぁと思います。森さんも本に書かかれてる通り、本来は楽しさが含まれているはずの針仕事なのに、これほどまでに辛く悲しい針仕事はもう2度とあってはいけないと心から思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2009年1月17日 (土)

どんぐりの家

どんぐりの家 第一巻   Big comics special Book どんぐりの家 第一巻   Big comics special

著者:山本 おさむ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日は倶知安にある障がいを持つ子供たちのデイサービスセンターに、今年初のアフリカ太鼓の演奏会で行ってきました。

朝は早いし、雪はのっつり積もってるしであんまり気のりしなかったんですが、やっぱり行ってよかった~~~

昨日集ってくれた子供達の個性的なことといったら!

お母さん達もスタッフさん達も本当に心から楽しんでくれてる感じもすごく素敵だった。

その場がいい雰囲気になるのもその逆になっちゃうのも、そこに集った一人一人が作り上げるんだよなぁ~

みんなで楽しく過ごしたい!と思ってる人たちでいっぱいの場は、どんなにお金をかけても作れないような素晴らしい雰囲気に包まれる。

.

.

「どんぐりの家」 は障がいを持つ子供の家族と関係者が立ち上げた、共同作業所の設立までの道のりを描いた漫画のようです。

施設の本棚と、帰りに寄ったニセコのカフェの本棚で偶然にも一日に2度も見かけたの。

これは「読んでみなさい」ということかしら?

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

パーマネント野ばら

パーマネント野ばら Book パーマネント野ばら

著者:西原 理恵子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いいっすup
やっぱ西原さん好きっす
西原さんの漫画いろんなのあるけど、これは「ぼくんち」系
登場人物がみんなたくましくてカッコイイ
他人が見たら同情したくなるよな人生送ってるような女の人達がたくさん出てくるんだけど
みんなカッコイイんだよなぁ~
よく読んでるジャンルの本たちが、薄っぺらぺら~に見えてくるぅぅぅsad

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。

ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。 Book ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。

著者:きつかわゆきお
販売元:バジリコ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

きつかわゆきおさんの言葉集 買っちゃいました。

you tubeでプロモーションも見られるよん↓

http://www.youtube.com/v/d7ezjcWqlEQ&hl=ja"></param><embed

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

日課

毎日チェックするホームページってありますか?
私は「ほぼ日刊イトイ新聞」を「ほぼ毎日」(笑)読んでいます
たくさんコーナーがあるので大体いつもは糸井さんのエッセーと愛犬ブイちゃんの写真だけなんですが、時々エッセーの最後にある糸井さんの誘導につられてその他のコーナーを読んだりしてます。
今も糸井さんの甘い誘惑にふらふらと立ち寄ってみました。
元オリックスで現在大リーグで活躍中の田口壮さんと糸井重里さんとの対談なんですが、読み応えありますよー
全般的に野球の話なんだけど、野球に全然関心のない人でも興味深い内容です
彼は「4番目の外野手」といわれてるらしいんですが、その位置から「おまえら、手を抜いたらオレがレギュラーとるぞ」と上にプレッシャーを与える立場でいることが、チームを勝たせるための自分の役割なんだと言う田口さん。めっちゃかっこいいですー!
以前読んだグレートサムシングにも、それを身体の一つ一つの臓器や細胞に例えた話があったのね。
臓器の一つ一つ、細胞の一つ一つはそれぞれに個々として運動していながらも、身体を生かすという共通の大きな目的の為に動いている というような内容だったと思うんだけどわかるかな?
細胞は身体の為に、田口さんはチームの為に。
各々の役割をちゃんと知ってるのね
しかも決して我慢や自分を押し殺したりしてるわけじゃないところがまたすごい!
それぞれを形成する一つのパーツとして、家族の中での役割、地域社会の中での役割、日本人の一人としての役割、地球人の一人としての役割を、何か決断しなくちゃならないときや、意見が合わないときに皆で思い出してみると自然と進むべき方向がわかる気がします。
自分がやろうとしていることが進むべき大きな流れに逆らってはいないかどうかを見極めることは、口で言うほど簡単ではないけどねー
特に私のように自我の強い人間にとっては。
個々でありながらも全体の一部であるという感覚を常に持ち、自分のポジションを客観的に見れる田口さんはすごいなぁ~というのが私の感想。
まだ対談の内容は3分の1くらいしかUPされてないので、この後の内容もすごく楽しみです。

太極拳3級合格しました!

| | コメント (0)

2008年2月29日 (金)

腰痛は怒りである

腰痛は<怒り>である 普及版 Book 腰痛は<怒り>である 普及版

著者:長谷川 淳史
販売元:春秋社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

友人に腰痛のことを話したら、「怒りと腰痛って関係あるみたいよ」と言われすぐにネット検索してみつけた本。
最寄の図書館にもあったので早速借りてきた

この腰痛に関する常識を根底から覆す治療理論を発表したのはジョン・E・サーノさんというお医者さんだそうで、彼は医学的にみた腰痛の矛盾点から痛みが骨や軟骨から生じているのではなく筋肉に生じていることに注目。
そして患者たちの多くが心身症(心理的緊張によって生じる病態)を経験していることがわかり、痛みの原因が心の緊張と関係があるのではないかと考えたそうです。
現代人はたくさんのストレスがあるはずで、そのなかでも我々は「怒り」という感情を忌み嫌い、抑制するように子供のころから教育されてきている
無意識レベルではその見たくない感情、心の痛みを味わうよりも、身体の痛みを味わうほうがマシだと判断し、本人の注意を身体に引きつけておくために腰痛を作り上げているいうことだそうだ。

無意識下に抑圧された怒りは次の3つに大別できます

①日常生活におけるプレッシャーにおける怒り
②幼少時に受けたトラウマによる怒り
③欲求を満たすために自ら課したプレッシャーによる怒り

③は完全主義、善良主義の「タイプT性格」に属する人たちが内的葛藤を引き起こし、気づかないうちに激しい怒りを生み出してしまうのだそうです。

タイプTの6つの根本的欲求

・完璧でありたい
・人に好かれたい
・見捨てられたくない
・満足したい
・丈夫な身体でいたい
・死にたくない

結局は自分の内面をよく見ろということですね
臭いものにふたをしたところで無くなるわけではないと。
凸ができればどこかが凹になっているってことだね
ちなみに私はタイプTの6つの欲求かなりあてはまりました
最近の私のキーワードの「固定観念」というものについても考えさせられました

原因のはっきりしない腰痛で悩んでる方にはおすすめの一冊です
治療方法についてはぜひ本を読んでみてください

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

さくら

さくら Book さくら

著者:西 加奈子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もう読みました?
あったかくて切なくて力強い愛のお話です。
ラスト3分の一は昨晩布団に入ってから手が冷たくなるのも忘れて
一気に読みました、号泣しながら。

この本金沢の高校時代のたった一人の友人(なんせ1年の一学期しか通ってないので ははは)のUtaちゃんが手作りの桜餅の形をした携帯クリーナーとルックチョコバナナと一緒に送ってくれたの、絶対私も好きなはずだからって。
思えば赤川次郎に始まって村上春樹、よしもとばなな、群れよう子、田口ランディに西加奈子。
ぜーんぶぜーんぶutaちゃんが教えてくれたんだよなぁ~

utaちゃん家は金沢ロケといったら9割近くはそこに行くだろうというくらいの
人気の場所にあるので絶対そこで「utaカフェ」を開くようにと薦めてるのですが
なかなかウンといってくれません。
っつかおばちゃんが[100歳まで好きにはさせぬ]と頑張ってるらしい…むー
まずはおばちゃんの説得に行かんなんけ?
いつかutaちゃんがその気になったらそん時は家族総出でリフォームの手伝いに行くからねー!

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

聖なる予言、風邪の効用

久々に風邪をひいてダウンしています。
一昨昨日から前兆があったのでこりゃやばいなと思ってたっけ案の定きました。
昨日はSちゃんに単発のバイトを頼まれてたのでどうにか行ってきた
普通なら風邪で調子が悪いので休みまーすと言えるのだが
なんせ単発のバイトを受けといてやっぱり行けませんじゃ申し訳ないので
友人からもらったパイロゲン飲んで頑張ってきましたぜ
もうひとつどうしてもバイトに行きたかった理由は、Sちゃんと会うのが本当に久しぶりだったことと電話をもらった時のタイミングになにかピンとくるものがあったからなのだ
なんかうまく説明できないけど昨日は絶対行った方がいいんじゃないかって感じてたんだよね
不思議なもので作用反作用の関係で、何かやろうとする時ってそれを阻止するかのような出来事が必ず起こるものみたい。
それが今回は風邪やったみたいね。
昨日は私の相方にHちゃんが来てた。
聞くところによると数人のキャンセルが出て、回りまわってHちゃんになったみたい
もし私が風邪で休んだかHちゃんの前の人がキャンセルしてなかったら
この取り合わせではなかったんだなーと思うとつくづく不思議なめぐり合わせやなーと。

中国人やシンガポール人、香港人などがお客さんのちょっとした屋台のようなものの手伝いで、それはそれで結構楽しかったしそれだけでも来てよかったなぁと思っていたんだけどね
夕方そろそろ帰り支度というころになってなぜかHちゃんと不思議ワールドについて話し始めちゃってその中に「あ、このために今日はどうしてもここに来たかったんだなー私。」っていうくらいビンゴな内容があった。

なんでも偶然と思ってしまえばそれまでで別になんの問題もないんやけど
それだと世界は「のっぺり」したような感じになるんだよね
でもここしばらくはそういう「目に見えない力」のことがどーもウザく感じてしようがなくて避けてたんだけどねー
やっぱり一つ一つの出来事に意味やサインを感じられたほうが生活が楽しいみたい。
まぁバランスよくいろんなことを受け入れられる体質にしといたほうがきっと物事がスムーズに行くような気がするんだわ
みんなが今そういうことに気づき始めてるらしいでっせ~
無駄に否定したりしないほうが自然なのかもね

で風邪の方は少し熱も出てきたようで順調に経過中みたいです。
今おかゆさん食べたのでまた横になろうかなー
風邪の効用(野口晴哉著)によると動いてたほうがいいみたいなんだけど
さすがにそこまでつわものじゃないので…笑
風邪はカラダが必要だからひくのであって無理に風邪の症状を抑えるようなことをしてはいけない、うまく経過させることが大事なのだという野口先生の考えには何の疑いも無いので薬らしきものは梅醤番茶くらい。
そうそう上手に風邪をひくとデトックス効果もあって美人度がアップするらしいですよ

今寝ながら読んでる本

聖なる予言 聖なる予言

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

風邪についての考え方、目から鱗の一冊

風邪の効用 (ちくま文庫) 風邪の効用 (ちくま文庫)

著者:野口 晴哉
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (4)

2008年1月 5日 (土)

面白くてしょうがない!

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

年末に図書館で数冊の英語関連の本を借りてきた
中でもこの本は文法の苦手な自分にぴったりで、
年賀状書きを終えてから毎日何時間も
英語の勉強して過ごしています!
その熱心な姿は自分でもびっくりするほどです(笑)

あ~中学校時代にこのくらいハマっていれば
違った人生だったんじゃないだろうか…

スッチーとか通訳とか英語を活かした職業について…
フランス人のダンナに可愛いハーフの子供と共にマルシェでお買い物!
ボンジュールマダーム!なんていつものおっちゃんが声をかけてく…

おっと、妄想はこのくらいにして ってしかも英語圏じゃないやん!!
(これ絶対若狭ちゃんの影響やな)

ま いいや。

今年のボラちゃん達が実に手がかかるっていうのもあって
必要に迫られて秋からは結構勉強してたつもりやってんけどね
まぁちょうど面白くなり始めてた時だったし、
いいタイミングでこの本に会ったっつうのもあるかな~
だってこの本の中には他動詞だの前置詞だの関係代名詞だのという
見ただけで吐き気を催すような言葉がただの一つも書いてないんだも~ん!こんなに嬉しいことはない!!

タイトルの「ビッグ・ファット・キャット」と「THE RED BOOK」という2つのショートストーリーが題材として載ってるんだけどこれが面白いのなんのって!
猫の話は最後にはじ~んときたし、RED BOOKの方は
夜中に独りで居間で読んでたらマジでおっかなくなってしまったし。
英語でこんなに感情移入したことないよー
本当に初心者向けの簡単な言い回しと簡単な単語で構成されてる話ねんけど あ、こんなに簡単な言葉だけで十分なんだ!と思ったら
がぜんやる気が出てきたんですがな~ はい。
英語を今から始めようとか、やり直そうとか考えてる方にはオススメの一冊です
ぜひ図書館で探してみて!

次はもうちょっと長めの物語に挑戦するぞ~っ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧